まなぶろぐ

まなぶのブログでまなぶろぐ
アナログディレイ復活!

エフェクターが修理から帰ってきましたー!

嬉しくてレッスン中も使ってしまった。

 

壊れたところがかなり厄介だったようで、お金結構かかっちゃいましたが…。

 

ひさしぶりに使ってみたら音が良くて、やっぱり修理して良かったです!

 

 

早く思い切り音出してみたいですねぇ。

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:33 | comments(0) | - | - | -
Alone at the Drive-in Movie

六本木ケントスにて演奏してきましたー。

 

このバンドでの僕の課題曲のひとつがこちら。

サックスがメインの曲ですが、スチールギターっぽい音色もなかなか印象的なんですよね。

 

ギターだとボトルネック奏法がそれに近いサウンドになるわけですが、これがピッチやリズムが合いづらくて難しいんです。

 

まぁ、イントロだけそれっぽく弾いて、あとはコードで適当に…ってのでも良いとは思うのですが。。。

 

やっぱりこの雰囲気が出したいですもんね。

 

 

ボトルネック、もっと気合い入れてやってみようかなぁ。

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
Imagine - John Lennon

ひさしぶりに動画アップしてみましたー。

 

ウクレレ、お手軽で楽しいですねぇ。

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 22:11 | comments(0) | - | - | -
川越東武ホテル ファイナル

東武ホテル、ついに最終日となりました。

 

見慣れたリハーサル風景。

リチャードさんはいつもあそこに座ってます(笑)。

 

今日はシンプルなセッティング。

大好きな歪みものふたつ!

 

この日はメインアンプが使えずに小さい方でした。


この風景もラストかぁ。

 

そして、これも…。

 

 

最後まで盛大に、、、

ありがとうございました。。。

 

東武ホテルのパーティー、なんと6年も続いたそうです。

そんなパーティーのお仕事は過去に経験したことがないです。

だって、6年なんて普通のバンドでも続かなかったりしますからね。

 

KT-Chimes

楽しいバンドでした。

 

そして最後まで応援してくださったお客様と良くしてくださったスタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

 

またどこかで集まれたらいいなぁ。

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
曲の書き方

生まれて初めて書いたオリジナル曲。

今でもほんのり覚えてますが、それはひどいものでした。

コードの変え方がわからず、ずーーっと同じコードが続くっていう…。

メロディーも歌詞も恥ずかしくて、絶対に披露できませんが、、、

まぁそんな時代もありましたね。

 

 

それから音楽の経験積んでく内に、ほんとにいろんなことを学びまして。

今では音楽聴くだけで、曲のコード進行や構成なんかがわかるようになりました。

それってとっても素晴らしい感覚だと思いますし、音楽続ける上で大事なことだと思うのですが。

 

じゃあ、今度は自分で曲書こうと思うとですね。

どこかで聞いたことある曲と同じだ…ってなっちゃうんですよね。

 

これだけ世の中に音楽が溢れてるわけですから、ある意味、コード進行やメロディーやリズムが出尽くしてるんですよね。

 

だから、何かしら同じになってしまうのは仕方なく、世界中のミュージシャンはそれを承知で音楽作ってるはずなんです。

 

 

でも僕はそこが割り切れず、、最近では曲を書き上げるのが困難になってました。

 

 

そんなこと考えてて急に思い出したのが、作曲始めた頃の感覚でした。

 

作品自体は確かにもう聴けないような代物ですが。

本能の赴くままに、作りたいから作った作品。

そして完成したときの達成感。

 

そんな感覚になってみたくて、コード進行やスケールなんかを取っ払ってアイディアを膨らませてみたんですよね。

 

思い浮かんだメロディーに、似合いそうなベースラインやギターフレーズ、リズムを打ち込んでみる。

もう理論のことなんて考えない!(と言いつつも、癖で「コード進行は…」って分析しちゃうのですが…)

 

 

これが非常に良かったー。

 

よく考えたら、世の中の音楽ファンはコードのこと知らない人が多いですからね。

曲書くのに理論ばかりを優先してたらいけないのかもしれないですよね。

 

 

しばらくは曲書く時期にするつもりなんで、作曲を始めた頃の様な気持ちで何曲か書いてみようかと思います。

 

完成したら、聴けるようにしたいと思ってます。

楽しみにしててくださいね。

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
クリック練習

今日は空いた時間でクリック練習してみましたー。

 

メトロノームに合わせて、気になる曲のバッキングを演奏するんですが、難しそうな細かいフレーズより、意外とシンプルなフレーズの方が合わせられなかったりするんですよね〜。

 

ズレた状態でクセになってるものも多いので、ひたすら合わせて練習しておきました。

 

講師やってる人がこんなこというのもなんですが、、、

こういうのは演奏が安定するので練習にとても良いのですが、非常に地味で退屈。

なので、必要だと思えた時にやるのが一番いいですね。

 

しばらくクリック練習がんばってみようと思ってます!

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
中島雄士&コメディアンブルー 下北沢ERA

雄士くんとのライブ、やってきましたー!

セットリストです。

 

1. BINTA

2. Sha-La-La-La

 (MC)

3. 恋人たちのクリスマス

 (MC)

4. Only You

5. 夢の編み間に

6. We Will Come Together

 (MC)

7. エレナ

8. 風は気まぐれ

 

雄士くんの代表作「BINTA」に、1年前にバズったビートルズ風「恋人たちのクリスマス」。

さらに、今回のために用意したカヴァー曲「We Will Come Together」も登場。

ビートルズが始まったかと思ったらジミヘンが出てきて、歌いだすとクイーン…と、ごちゃまぜの一曲。

もちろん前日にリリースされた雄士くんの音源「EDGG」の曲もたくさん演奏。

 

今回は45分という素敵な持ち時間でした。

なので、曲はもちろんMCも長め。

 

楽しみにしてたお客さんも大満足な様子で、ほんと良かったです。

 

打ち上げにも誘っていただいたのですが、僕は体調不良で早めに帰宅しました。。。

 

また来年も共演できたらいいですねぇ。

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
山内優くん

ドラマーの山内優くんが、亡くなってしまいました。。。

 

人から聞いたんですが、信じられなくて何度も聞き返して。

それからネットで調べて、ニュースになってて。

それでも信じられなくて…。

 

山内くんはGINA時代に少しだけ一緒になった時期がありました。

物腰がやわらかく、いつも笑顔で努力家でイケメンでドラムが上手いっていう。

どこかに弱点があるんじゃないかと思いましたが、お酒が入っても変わることはなく。


その後、GINAを卒業してレコーディングやライブサポートなどで活躍していくのですが。

やっぱり素敵な人間には仕事が集まってくるんでしょうね。

あっという間に大きな仕事をやるドラマーになっていきました。

 

彼の活躍をSNSなんかで見かけるたびに刺激を受けて、そして嬉しくて。

 

それが、突然のお別れ…。

ホントに残念です。。。

 

人ってほんとに急にいなくなってしまうものなんですね。

大切な人たちとの毎日・毎時間を、大事に生きていかないといけないなと痛感しました。

 

山内くん、ありがとー!

天国でも音楽楽しんで!!

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
現代最高のブルース・ギタリスト TOP30

アメリカのギター誌「Guitar World」の読者が選んだ現代のベストブルース・ギタリスト Top30だそうです!


30. Matt Schofield
29. Buddy Whittington
28. Keb’ Mo’
27. Anthony Gomes
26. Jonny Lang
25. Robin Trower
24. Jimmie Vaughan
23. Peter Green
22. Robben Ford
21. Jared James Nichols

20. Robert Cray
19. Walter Trout
18. Marcus King
17. Dan Patlansky
16. Josh Smith
15. Chris Buck
14. Erja Lyytinen
13. Warren Haynes
12. Eric Gales
11. Christone 'Kingfish' Ingram

10. Billy Gibbons
9. Tab Benoit
8. Gary Clark Jr.
7. Samantha Fish
6. Kenny Wayne Shepherd
5. John Mayer
4. Buddy Guy
3. Derek Trucks
2. Eric Clapton
1. Joe Bonamassa

 


好きなギタリスト、ちゃんと入ってて嬉しい!

レイヴォーンのお兄さん、Jimmie Vaughanが24位。

あと、女性ギタリストが7位に入ってますね!

 

上位はギターだけでなく、歌でも活躍してる人が多めですかね。

そんな中、Derek Trucksがシッカリと3位!!

歌も歌わなければエフェクターも使わない、ホントにギター1本での獲得は素晴らしい。

そしてクラプトンの横にいるっていう。笑

 

ブルースは僕の大好きな音楽なんで、妥協することなく追及していこうかと思います。

Top30目指して!!

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 10:54 | comments(0) | - | - | -
作詞を依頼

バンドメンバーじゃない人に、作詞をお願いしてみました!!

 

と、スルスルっと仕上げて頂き、しかもそのクオリティの高さに驚きました。。。

僕が何週間経っても完成できなかったものなのに…。

 

で、今日はその打ち合わせで本人とお会いして、メロディーとのすり合わせなどをやりました。

 

曲が素晴らしい仕上がりになるのはもちろん嬉しいのですが、何より作詞の考え方を学べたのは大きかった。

ホント、勉強になった一日でした〜。

 

 

ではまた。

| 井川学 | 音楽 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

このページの先頭へ