まなぶろぐ

まなぶのブログでまなぶろぐ
バーナー買いました!
登山用のコンロ(バーナーとかストーブとか言うらしいですよ)、ついに購入しちゃいました!

左がバーナー、右が燃料!

くっ付けるとこんな感じになるわけですね。

なんか、ワクワクしますねぇ♪

ちなみに折りたたむと、、、

こんなに小さくなってくれます。

登山グッズって機能的なだけでなく、小さくて軽いってのが非常に大事なんだそうですよ。
調理器具とか食器とかも、キャンプ用品と比べると全然軽くて驚きました。

全部背負って登るわけですからね。
確かに大事なことです。

山で料理なんて楽しそうだ〜♪


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
山さがし
そろそろ長い休みを作って、山入りしようかと思ってます。
登山です。

理想は北アルプス。
でも時期的に少し早いんですよね〜。

山小屋はもうやってるところもありますし、装備を整えれば大丈夫だとは思うのですが、やはり雪山は怖い。

登山が趣味って言っても、最近は月に1回くらいしか登ってないですし、他にスポーツしてるわけじゃないですし。
完全に運動不足なんですよね。

そんなわけで、最近はなるべく歩くようにしてます。
ちょっとした買い物とか、わざわざ遠回りしてみたりして。
昨日は駅に向かう途中、忘れ物に気づいて家まで引き返したけど、心の中では「よし!距離稼げる!!」なんて思ってみたり。
近所に山があればいいのになぁなんて、本気で思ってます。


そうそう。
泊まりの登山を計画するにあたり、遭難の本なんかも読んでます。
これ読むとね、山が怖くなるんですよ。
ちょっと行きたくなくなるくらい。
(だったら行くな!って話ですが…)

読んだあとは、山選びや装備に対する考えが慎重になって良いんですよね。

というわけで、今は雪の残る山がより怖くなってます。
北アルプスとかね。

7月の上旬、いい山ないかなぁ。


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
山の怖さ
今日は、過去に遭難した経験がある人のブログを見つけて読んでみました。
遭難して1週間近くを山で過ごすのですが、雨に打たれて、ヒルに噛まれて、食べるものも無く、幻覚を見ながら過ごす日々。
ホントに悲惨でした。


2年前、富士山がキッカケで登山が趣味になった僕。
最初のシーズンは道具もろくに準備せず、「新鮮味が無くなるから。」という無茶苦茶な理由で下調べも無し。
それどころか地図すら持たずに山へ向かう無謀な男でした。

それがあることをキッカケに異常なくらい慎重に準備するようになりました。

それは3度目の登山で起きたプチ遭難。
雨が強く降る人気のない山で道に迷い、戻ることが出来ず疲れ果てていくわけです。
その後、偶然会えた人に道を聞くことが出来て元の道に戻ることが出来ましたが、その人がいなかったらと思うとホントに怖い状況でした。
だってコンパスも持ってないのに、適当な方向に歩いて行こうとしてましたからね。
「多分こっちに行けば元の道に出るだろう」って…。


そんなことがあってから、本や遭難の記事を見つけると読むようにしています。
おかげで山の危険と準備の大切さを知ることができました。
知り過ぎて登山が怖くなるくらい…。

でも、そのくらいがちょうどいいのかもしれないですよね。

春からの登山、気を引き締めて計画していきたいと思います。


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 23:46 | comments(2) | - | - | -
必要ないとわかっていても
ついつい手に取ってしまいます。

富士山グッズ。

この間、抱えるくらい大きな富士山貯金箱を見つけましたよ。
絶対いらない。置く場所がない。邪魔になる。

けど欲しい。。。


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 20:38 | comments(0) | - | - | -
山のピンバッジ
先日の登山のとき、燕山荘で買ってきました。

キーホルダーとピンバッジ。

ピンバッジはね、山に登ったらなるべく買うようにしてます。
どこに付けるわけでもないのですが、たまに眺めては登った山を思い出したりするわけですね。

たぶんコンサートで買うグッズみたいなもんですよね。
ライブの雰囲気とか内容とか思い出したりするでしょ。

そしてまた行きたくなってしまうわけです!
次はどこにしようかな〜。


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
【燕岳】10月29日〜30日
燕岳、楽しんできました!

宿泊先の燕山荘から見た燕岳。


途中で発見、めがね岩。


穴から燕山荘を見てみる。


もう一息です。

山頂に到着!!

山荘から30分くらいですかね。
山頂は3畳くらいで幅が狭くて、立ちあがると結構怖い。


振り返ると燕山荘。
小さ〜い。

日本のマッターホルン槍ヶ岳と周辺の山々。

見てるだけで足がすくむ。

そしてこちらは日本一の。

富士山。


夕陽が沈む。


飛行機雲が3つ。


夜は月が綺麗。


期待した朝焼けは雲の中。
でも、これはこれで綺麗。


帰りは途中まで野鳥がお見送り。

山頂付近の良いとこばかりアップしましたけどね、中房温泉からの登り「合戦尾根」は最高にハードでしたよ。
下山は踏ん張る力が無くなって足がガクガクに・・・。
どうやらこのルート、
北アルプス三大急登に選ばれてるんだそうです。
納得。

燕山荘にて。

山も天気も山荘も素晴らしく、さらにシーズンオフということもあり登山客も少な目。
思い出に残る最高の登山となりました。


今度はもっと奥まで行ってみたい!


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
北アルプスで飲んできます。
北アルプス、燕岳にてお酒楽しんできます♪
電話もメールもできませんので、参加したい方は現地集合ってことで。

明日の夜には帰宅予定です。

元気が残ってたらブログ書きます!


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 01:32 | comments(0) | - | - | -
御嶽山噴火
先週末、登山ファンとしては触れないわけにはいけないニュースが飛び込んできました。

御嶽山噴火

最初はちょろちょろと噴煙が出てるのを想像していたのですが、動画を見てビックリ!
いやいや、あれは全然やばいですね。


そして今回の噴火、もっとも最悪のタイミングで起こってしまいました。
紅葉が綺麗な9月下旬、台風での悪天候が続いた後の登山日和の週末。
そして山頂に一番多くの登山者が集まるお昼前。

登山するときの行動時間は、早朝から午後3時くらいまでなんですよね。
だから朝早くに登り始めると、大体お昼前に山頂についてそこで食事や休憩をとる。
もし僕が登っていたとしてもあの時間くらいに山頂にいたと思います。

夏に御嶽山に登る話も出ていただけに他人事ではないですよね。
みなさんもお気を付けください。

登山されていた方々の無事をお祈りしております。


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 22:43 | comments(0) | - | - | -
登山不足
山に登りたい。

8月は夏ならではの高い山にたくさん登れるかと期待していましたが、8月前半は仕事が忙しく、用意していた1週間の休みはあいにくの天気。
後半になるとダラダラと雨雲が漂う日々が続いた。

前に山を楽しんだのは、7月下旬の雲ノ平を目指した北アルプスの4日間。
8月は一度も登れなかった。。。


山はいつでもそこにあるけど、天候や時期によって登れなったりするからもどかしい。

夏は台風や急な雨が危険だし、11月にもなれば夕暮れが早くなり高い山は雪で危ない。
雨の日だって山には登れるけど、登山が嫌いになりそうなくらい過酷で怖い。
かといって、晴れてば晴れたで日差しが危険だったり。

まぁ、不安だからって動かなかったらどこにも登れないんですけどね。

9月はいくつか登れたらいいなぁ。


ではまた。
| 井川学 | 登山 | 23:59 | comments(0) | - | - | -
雲ノ平ブログ もくじ
北アルプスのブログ書きましたー!

【折立〜雲ノ平】1日目
出発地点の折立から太郎平小屋へ。 途中でライチョウも発見!

【折立〜雲ノ平】2日目
豪快な薬師沢を抜け急勾配を登って雲ノ平へ。 景色の素晴らしさに圧倒された。

【折立〜雲ノ平】3日目
昨日の魔の急勾配を降りる。 山小屋のありがたみを痛感する。

【折立〜雲ノ平】4日目
お世話になった太郎平小屋を後に。 またまたライチョウがお出迎え!
用意してもらったお弁当でエネルギーを充電して下山。

ではまた。
| 井川学 | 登山 | 11:06 | comments(2) | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

このページの先頭へ